♫ Evgeny Zarafiants in Koga  ♫

2018年10月6日(土)、7日(日)小山市立生涯学習センターと古河の教室にて、今年もエフゲニー・ザラフィアンツ先生による

プライベートレッスンが行われます。

 

ザラフィアンツ先生のレッスンは内容が奥深く、そして生徒さんそれぞれに合わせたレベルで熱心に丁寧に教えていただけるので、一度

レッスンを受講した生徒さんは「また来年も!」と更なる意欲を燃やす方が多いです。

また、学生の方だけでなく、普段、ピアノ講師をなさっている方も多く受講されています。コンサート会場での演奏ではなく、間近で

先生の音に触れられるので、その瞬間、あまりの美しさに思わず今までの音楽観が覆されるような衝撃を受ける方もいらっしゃいます。

 

なお、受講生募集は定員になりましたので、締め切らせていただきます。ただし、受験生、コンクールの方はご相談下さい。

 

また、受講生に限り、6日(土)のレッスンは聴講できます。ご自分のレッスンだけでなく、他の方のレッスンを客観的に見ることにより、更に勉強の幅が広がることでしょう。

 

 ※詳細につきましてのお問い合わせ等は、ホームページの「お問い合わせ」よりお願いします。折り返し、こちらから連絡いたします。

エフゲニー・ザラフィアンツ (ピアノ) "EVGENY ZARAFIANTS"

1959年ロシア共和国のノヴォシビルスクに生まれる。音楽家の両親のもとで育ち、6歳からピアノを父に学び、8歳からはモスクワ音楽院付属中央音楽学校でエレナ・ホヴェンに師事、幼少より才能を発揮し、1975年には

グネーシン音楽学校に進む。しかし、青年の純粋さゆえに招いた不本意な出来事に遭い、南ウラルのオルスクへと移され、モスクワ音楽院への道が閉ざされるという悲劇を味わう。1979年にはオルスク音楽院を首席で卒業するが、一切の演奏活動の機会を与えられなかった。1980年ゴーリキー市のグリンカ音楽院に再入学、卒業後、大学院で研鑚を重ねる。イリヤ・フリートマンに師事。この間、全ロシアコンクール、ラフマニノフコンクール等で入賞し、ようやくロシア国内でのリサイタル、協奏曲の演奏会を行うようになったが、その素晴らしさが国外に伝えられることはなかった。

ザラフィアンツの名前がようやく人々に知られるようになったのは、1993年ポゴレリッチ国際コンクールで第2位となった後のこと。以来住居はクロアチア共和国に構え、ドイツや日本を中心に演奏活動を行っている。日本には1997年秋以来、度々来日し、東京をはじめ全国各地でコンサートや公開講座を行っている。

また、コジマ録音より15枚のCDをリリースし、レコード芸術(月刊誌)では特選盤をはじめ、高い評価を

受けている。2005年音楽の友では21世紀の名演奏家事典にて世界の注目されるピアニスト100人に選ばれる。魂を揺さぶる精神性の高い演奏は、聴衆に大きな感動を与える。現在、愛知県立芸術大学客員教授。

 

← 2016年 古河でのレッスンの合間に…昼食会「ゆるりの森」にて